ごあいさつ– PROFILE –

南信州のデザインおたすけ集団

デザイン 飯田市 SGdesign

私たちは長野県の南、伊那谷と呼ばれる地域で活動しているデザイナー集団 SG design です。2010年、発起人でもあるデザイナー・杉本の「飯田下伊那の課題をデザインで解決しよう!困っている人をデザインで支えよう!」という呼びかけにより、同じ志を持ったデザイナーやクリエーターなど、異業種の仲間たちが集まり人知れず旗揚げしました。

チームの拠点は飯田市のとなりにある豊丘村。一級河川の天竜川と日本一とも称される立派な河岸段丘に挟まれた自然豊かな場所で、気の向くままにのんびりとデザインを楽しんでいます。

目次

SG design とは?

私たちは、ちょっぴり風変わりな集団です。

私たちの意義

皆さんの普段の生活の中で、ちょっとした困りごとはありませんか?家庭、仕事、趣味、地域の活動など、社会のいろいろなシーンでの細かな問題や課題、時には大きな壁にぶち当たることもあると思います。そんなとき、私たちは解決ツールの1つとして「デザイン」を用います。

デザインで課題を解決するために存在している集団です。

「そうきたか」と思わせるのが得意です

私たちにとって世の中の常識は非常識、思いもよらない企画立案やデザイン提案が得意です。例えば「派手なチラシをつくりたい」とご依頼後に「今回は簡素な名刺をつくりましょう」と真逆の提案をさせていただくことがあります。なぜ?と思われるかもしれませんが、それには理由があります。

世の中は賑やかな印刷物や広告で溢れていますが、意外に的外れで遠回りな表現をしていることが多いのです。慣例や固定概念を取っ払って簡潔に考えてみると、ずっと悩んでいた問題が解決したり、欲しかったモノにたどり着いたり、お気に入りのデザインに出会えるかもしれません。たとえプロセスは遠回りしたとしても、作るモノはとてもシンプルです。

楽しくなきゃ、デザインじゃない

デザイナーとしての心得「物事の本質を見極める」を胸に、核心をついた明確な発想と遊び心、粋なデザインが特長です。共に考えながらモノづくりに携わっていただくことで、デザインの意味や重要性、そして何より楽しさを身近に感じていただくことを大切にしています。

デザインは問題解決のためのツールであり、もちろん効果や結果も重要視しなければいけません。しかし、それにプラスして、ヒト・コト・モノをつなぐことを意識しながら 楽しいデザイン を提案させていただきます。

プロフィール

  • 屋号 SG design (えすじー でざいん)
  • 拠点 長野県下伊那郡 豊丘村
  • 活動範囲 長野県飯田市・下伊那郡 (豊丘村、松川町、高森町、喬木村ほか)
  • 活動内容 平面のデザインなら何でも
  • 取扱業務 グラフィックデザイン、ウェブデザイン、アートディレクション、プランニング、身の上話
  • 代表者 杉本あきひろ (おもしろデザイナー、ごきげんプランナー、遊びとマツリゴト担当)
  • メンバー 17名 ※2021年4月現在
    デザイナー、アートディレクター、プランナー、コーダー、イラストレーター、フォトグラファー、コピーライター、インテリアデザイナー、ファシリテーター、まちづくりコーディネーター、工芸作家大工、主婦、学生ほか
  • 心得 物事の本質を見極める
  • 座右の銘 和顔愛語

名称の由来

屋号の「SG design」は当デザインチームの発起人・杉本の座右の銘である和顔愛語を英訳した Smiley & Genially から着想しています。SG(えすじぃ)と呼んでください。

主要メンバー紹介

杉本 あきひろ

  • ムードメーカー担当
  • 飯田市(鼎)出身
  • チームの発起人
  • デザイナー歴 26年
  • 音楽と獅子舞が好き

とみこ

  • 事務担当
  • 松川町出身
  • チームのボス
  • 雑学王
  • 刀剣乱舞に夢中

WAKANA

  • イラスト・癒し担当
  • 最年少(小学生)
  • 恥ずかしがり屋
  • 絵と工作が得意
  • 鬼滅の刃に夢中
音楽がエネルギー源
地元の伝統芸能・獅子舞

ここでは紹介できませんが、ほかのメンバーも個性派ぞろいです。私たち SG design には企業に比べてフットワークがよく柔軟性があり、フリーランスと違って多種多様な提案ができるという、ほかでは真似のできない強みがあります。

特長

フットワークの軽さや迅速な対応、デザインできるジャンルの幅広さ、さらにはどんな案件にも対応できる提案力や柔軟さ、受注から納品までの速さなどスピード感も強みです。

印刷物などのグラフィックデザインをはじめ、ウェブ(ホームページ)デザイン、ロゴデザイン、看板のデザインを中心に、広告物や平面のデザインなら何でもできると思っていただいて構いません。

「いいだ人形劇フェスタ」との関わり

私たち SG design は飯田市の夏の風物詩であり国内最大の人形劇イベントでもある「いいだ人形劇フェスタ」を長年にわたってバックアップしてきました。第一線を退いた今でもその思いは変わらず、チーム一丸となって熱烈に応援し続けています。

ちなみに毎年フェスタ実行委員会が行っているポスター&ワッペンデザインコンペに応募していますが、20周年の節目であった「世界人形劇フェスティバル・いいだ人形劇フェスタ2018」では私たちの提案したデザインが採用されました。カラフルなタイポグラフィをメインにした今までに無いとても大胆な構図ですが、私たちの情熱とキャッチーなデザインが審査員の皆さんの心に響いたのかなと思っています。

いいだ人形劇フェスタ2018 ポスター&ワッペン

スタンスとマインド

私たち SG design の姿勢と考え方です。

会社組織ではありません

メンバーのほとんどは一般企業に勤務している会社員ですので、SG design には社屋もなければ電話番もいません。広告代理店やデザイン事務所などの企業ではなく、かといって「仲良しサークル」や「副業&アルバイト集団」でもないのです。メンバーの中には SG design でのクリエイティブな活動をライフワークとしている者、自分のスキルアップのために所属している者もいます。

ですので利益だけを追求するような、いわゆる「食うためのデザイン」は受注していません。内容によってはお断りさせていただく案件もありますし、「おもしろそう!」「応援したい!」と思えば逆アプローチをさせていただく案件もあります。

案件の規模によっては地元の広告代理店や印刷会社、新聞社、イベント会社、映像制作会社、プロカメラマン、アーティストなどと連携することも可能です。広告業界や関連会社のネットワークには自信があります。

頭の中もシンプルです

そんな生意気でお気楽な集団ですが、考え方は潔くとてもシンプルです。「どうしたら困っている人たちの助けになるのか」をベースに、効果的なモノや他にはないモノをいかに素早く鮮やかに、そしてシンプルにデザインすることができるかを常に考えて実行しています。ただ、そのためには当チームの意義や考え方をご理解・ご納得いただき、綿密な打ち合わせをさせていただくこともあります。

活動の性質上、ご紹介できる制作事例や実績はほんのわずかですが、例え今まで作ったモノをすべてご覧いただいたとしても私たちのことを知っていただくことは難しいと考えています。その意味は、お付き合いさせていただく過程で理解していただけると思っています。

デザインをすべての人に

SG design に興味を持っていただいた方、困っている方、お気軽にご連絡ください!

  • 何をどうしたらいいか分からない
  • デザインを依頼したいけど予算がない
  • 印刷物やウェブサイトのことで困っている
  • 抱えている課題をデザインで解決したい
  • デザインの意味や必要性を知りたい
  • ありきたりな広告宣伝に飽きた
  • 広告物を一本筋の通ったデザインに変えたい

など、どんな内容でも構いません。「こんなことを聞いてもいいのだろうか」などとためらうこともあると思いますが、まずはご連絡ください。ご相談いただければ何かしらのお手伝いができるかもしれません。

私たちはブレません。 新しい出会いが何かを変えるきっかけになると信じています。


こんな案件を承っています!

目次
閉じる